ja
  • vi
  • en
  • ko
  • ja
  • zh

日本政府は、企業の生産拠点を中国外への移転について約2.2億ドル支援

1404 - 2020

日本政府は、新型コロナウイルスの感染拡大により製造業のサプライチェーンが寸断したことを受け、生産拠点を中国などから移転を支援します。この支援策は、緊急経済対策の一環として盛り込まれており、総額は約22億ドルです。

この予算のうち、

この予算のうち、日本国内回復分が2200億円(約20 億ドル)、残り235億円(2.16億ドル)が大遺産国への移転分として割り当てられています。

中国は日本の最大貿易相手国です。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響のより、中国の多くの工場が閉鎖となっており、移動制限等の措置がとられているため、日本をはじめとした世界中のサプライチェーンが寸断しました。2020年2月の統計によれば、日本の中国からの輸出が半減し、部品や素材などの供給が滞っている状況です。

部品や素材の供給が滞っている状況をきっかけとして、日系企業は中国への依存度を下げる方法を探し出しています。先月行われた日本政府の投資方向に関する会議においても、国内投資促進と東南アジア等の海外サプライチェーン多元化支援の2本立てでサプライチェーン改革を進める必要が挙げられました。その中、最初に東南アジアに移転されるのは繊維産業、加工産業、製造業のサプライチェーンになると経済学者が予測しています。

AURORA IPがasiatimes.com, bloomberg.comから取りまとめ

関連情報

http://www.auroraip.vn/
http://www.auroraip.vn/catalog/view/theme/